テレクラのサクラのアルバイトは全然稼げません!

急にまとまったお金が必要になった時期があったのですが、当時は学生という身分だったために、長時間のアルバイトができませんでした。

途方にくれていたところ、テレクラのアルバイトの求人を見かけました。
「お話しするだけ。しかも通話1分で30円!」といった謳い文句でした。
それだけ見ると単純計算で10分で300円。60分で1800円。時給1800円なんてなかなか無いですよね。
しかも全額日払い可能との事でした。

テレクラのサクラのアルバイトは全然稼げません!

世間知らずという事もあり、とにかくお金もすぐに必要だったので働き始めたのですが・・・全く稼げませんでした。
18時から22時まで4時間、コールセンターにいたのですがほとんどの時間が待機。
ヘッドホンをつけたままとにかく待機です。
待機の時間はお金は出ません。通話して初めてカウントされます。
やっと電話が来て通話したと思っても、1分経過する前に電話を切られるとカウントは0。1円にもならないのです。

そんな状態なので何とか3分会話しても経ったの90円。
それからまた待機・・・の繰り返しで、一日いても数百円の電車賃にもならない時もありました。

確かに毎回長く話せる相手と、何人も話せばそれなりの金額になるのでしょう。
しかし、コールセンターの他の人の様子を見ても、そんなに話せている人なんていませんでした。

私は結局3日で辞め、短時間のほかのアルバイトに移りました。
よくみんなあんなに稼げないブラックなアルバイトを続けているなぁと、不思議でしょうがないです。

 

単純計算に惑わされないように!待機は業務時間ではない

確かに、「単純計算であれば」高収入と考える事ができます。
ただ、テレクラ全盛期だった時代でも、そこまで頻繁に話せるというケースはあまり多くなかったようです。
これは現在のライブチャットにも言える事ですが、待機中は業務時間にカウントしないところが多く、暇な時はまったく稼げないのが実情です。

ちなみに、テレクラを利用する側は、通常よりも高い通話料金が発生します。
そのため、なるべく数分程度に会話を済ませる事で、利用料金を抑えていたという体験談も多く聞かれます。
こういった点も、テレクラでの稼ぎが少なくなる要因だったかもしれませんね。