学生の頃の秘密のアルバイト

大学生で一人暮らしをしている頃にしていたアルバイトに、出会い系のサクラがあります。

その当時はまだインターネットがあまり普及していなくて、出会い系というともっぱらダイヤルQ2のような電話が主流でした。
暇な時間に電話をして、男性と話をしてお金を貰うという仕事ですが、1分何十円という仕事でした。
後、メッセージボックスにメッセージを入れる仕事があるのですが、これも1件返事が返ってくると何円と報酬が貰えました。

photo

通話が一番稼げるのですが、ほとんどが寂しい男性とごく普通のお話をするだけなのですが、たまにHな会話をすることもありました。
ちょっと誰かに聞かれていたら恥ずかしいですね。

夜の空いた時間にしていたのでそれ程多くは稼げませんし、すぐ会いたいと言われるのでそれを交わすのが大変です。
なかなか長く電話で会話が出来なくてお金を稼ぐのは大変だなと感じていました。

その後、インターネットでもそういうサクラのバイトがあるのを知り、チャットレディをしていました。
チャットレディは20分で千円くらいなので、1回チャットの予約が入るとぽんぽんと収入になったので嬉しかったですね。

その中で2回程親しくなった人からブランド品をプレゼントされたことがあります。
チャットはあまり精神的な負担もなくて楽しくは出来ましたが、あまり人には言えないアルバイトでしたね。

 

まとまったお金が欲しい時のための方法

現在はライブチャットが主流になり、ダイヤルQ2はすっかり廃れてしまいました。
それでも、当時の男性は高い通話料金を払って、女の子との会話を楽しんでいたものです。

ダイヤルQ2は高い利用料金でお馴染みでしたが、女の子が貰える報酬はさほど多くなかったのが実情です。
おそらく、ライブチャットにしか馴染みのない現代の若者がその額を聞いたら、さぞかし驚く事でしょう。

もし、まとまったお金を工面したいのであれば、お金が欲しい時.comなどのサイトを参考にする事もできます。
お金を“借りる”という選択肢です。
返済義務があるため、過度の利用は考え物ですが、「方法の1つ」として捉えるのもありでしょう。