パチンコのサクラの仕事にチャレンジ

みなさんは「サクラ」という言葉をご存知でしょうか?
花の名前ではなく、実際に存在する仕事の名前です。

中には知っているという方もいると思います。
そうです。その仕事とは、パチンコ・パチスロの打ち子の事です。
打ち子とは絶対に当たるパチンコ・パチスロを打って、出玉をアピールする人の事です。
出玉をアピールして他のお客様を呼び込む。それがサクラの仕事です。

しかし色々なパチンコ・パチスロ雑誌では、そんな仕事はありません!と書かれていると思いますが、実際にサクラは存在します。
その仕事の依頼者は、主にパチンコ・パチスロ店の店長です。
しかし、なぜわざわざパチンコ・パチスロ店の店長がサクラをスカウトするのでしょうか?
それは、色々な理由があります。それは後ほど説明しましょう。

まずサクラとして依頼される、スカウトされる方法は、実際に店舗で打っている時に依頼・スカウトされる事があります。
その他、知り合いにパチンコ店の店員がいれば依頼されることがあります。

ここで、店長がサクラをスカウトする理由を説明致します。
それは、お店の出玉アピールもありますが、もう一つの理由は出玉を折半して分け前を得るという理由があります。

では、店長が事前に出る台をどうやってサクラに知らせるのでしょうか?
それはメールで出る台の番号を知らせるからです。
大体、開店前に先頭付近に並んでいれば、そのサクラ台は確実に取れます。
先頭のお客は、新台・アピール台に走るからです。

準新台、ちょっと昔の台などにサクラ台を仕込みます。
後は自腹で簡単に出玉を出して、閉店まで粘れば10万円以上の金額が舞い込みます。
しかし、折半になったり、依頼料として2万円で落ち着くことがあります。
自腹はちゃんとプラスしてくれるので、おいしい仕事と言えます。

好きな方は良い仕事かもしれません。
まずは店員と仲良くなってみましょう!

 

ギャンブル界にも存在するサクラ

サクラはさまざまな業界に存在しますが、ギャンブル業界にも居るのですね。
利用客は、少しでも儲けが出る台・店舗を選びたがりますから、こういう方法を取る店舗が存在するのも、ごく自然な事でしょう。
それなりの報酬を得られるのであれば、確かに双方が利益を得られるおいしい仕事と言えるでしょう。

しかし、ギャンブル業界に限った事ではありませんが、サクラ行為も行き過ぎてしまうと誇大広告とみなされる場合がありますので、注意が必要です。